いろいろな時期に応援して下さったこと思い出しています。

[ ]
妹が作ったアルバムを開くといろいろな写真が出てきました。10年前に田中義人さん宅に泊めて頂いた時の記録集に懐かしい写真がありました。いろいろな時期に応援して下さったことを思い出しています。ありがとうございます!
from tanaka yoshito san.jpg

ご感想やメッセージを、コメントやトラックバックでお気軽にお寄せください。

田中春雄氏との充実した時間は今も印象深く残っています。

[ ]
田中家の家族史「仲良きことは美しき哉」を拝読しました。
貴重な家族史をどうもありがとうございました。田中家に泊めていただき田中家の皆さんと過ごした時の楽しい会話を思い出しています。田中義人さんのお父様の田中春雄氏との充実した時間は今も印象深く残っています。
from tanaka 201701.jpg
ご感想やメッセージを、コメントやトラックバックでお気軽にお寄せください。

「肝高の阿麻和利」で7代目の阿麻和利役思い出しています!

[ ]
「肝高の阿麻和利」で7代目の阿麻和利役思い出しています!オネデトウ!
平田大一さんの思いを考えながら知らせを聞いていました。
おめでとうございます!
********************琉球新報************************

高3佐久本宝さん新人賞 日本アカデミー賞 「怒り」に出演

                        新人俳優賞を受賞した佐久本宝さん=うるま市内

 2016年に国内で公開された映画の優秀作品を表彰する第40回日本アカデミー賞(主催・日本アカデミー賞協会)の各部門の優秀作品と受賞者、新人俳優賞が発表され、県出身で映画「怒り」(李相日監督)に出演した佐久本宝(たから)さん(18)=うるま市=が新人俳優賞を受賞した。

 受賞を受けて佐久本さんは「びっくりしていまだに実感が湧かない。名誉ある賞を頂いたので、気を引き締めて、まずは目の前にあることをしっかりと頑張っていきたい」と意欲を示した。
 佐久本さんは現在高校3年生。現代版組踊「肝高の阿麻和利」で7代目の阿麻和利役を務めている。「怒り」では沖縄の高校生・知念辰也役を好演し、県内外で注目を集めていた。
 「怒り」は吉田修一さん原作の小説を基にしたサスペンス映画で、沖縄県内でも撮影した。今回の日本アカデミー賞では、本作が優秀作品賞に選ばれたほか、李監督が優秀監督賞、出演者の宮崎あおいさんには優秀主演女優賞、佐久本さんの相手役を務めた広瀬すずさんが優秀助演女優賞に選ばれるなど新人俳優賞のほか、11部門で受賞した。授賞式は3月3日、東京都内のホテルで開かれる。

ご感想やメッセージを、コメントやトラックバックでお気軽にお寄せください。

嬉しい知らせ!応援しています!

[ ]
ゴール後の喜ぶが伝わってきてうれしいです。
初挑戦おめでとうございます!
   ***********************琉球新報****************************

人工呼吸器の湯地君、元さん 車いすで3.5キロ完走 海洋博トリム

ゴール後うれしそうな笑顔を浮かべる(左から)湯地啓幸さん、駿羽君、三代子さん、元花恋さん、旨成さん、久美子さん

 15日の海洋博公園全国トリムマラソン大会で全身の筋肉が萎縮する病気のため人工呼吸器を付けている湯地(ゆじ)駿羽(はやと)君(11)=那覇市立高良小5年=と、駿羽君の友人でマイコプラズマ脳症のため人工呼吸器を付けている元花恋(もとかれん)さん(12)=島尻特別支援学校6年=が、それぞれの両親と共に車いすで3・5キロコースを楽しんだ。

 花恋さんは病気を発症する前の1歳のころ、父・旨成さん(42)と母・久美子さん(39)と3人で同大会に出場した。しかし病気になってからは「本人が出られるイベントはなかなかなかった」(久美子さん)。一昨年と昨年、宜野湾車いすマラソンに挑戦し自信を付け、今回思い出のトリムマラソンの出場を決めた。旨成さんは「まさか(海洋博公園を)家族3人で再び走れるとは思わなかった。楽しかった」とうれしそうに語った。
 花恋さん家族に誘われ出場を決めた駿羽君は、マラソン初挑戦。駿羽君の母・三代子さん(42)は「家族で走るのも初めて。年明けからとてもいい経験で、1年の先々が楽しみになってきた」と充実した表情で話した。父・啓幸(ひろゆき)さん(44)が「いろんな経験ができてうれしい」と話すと、駿羽君も満面の笑みで応えた。

ご感想やメッセージを、コメントやトラックバックでお気軽にお寄せください。

出来ることを探し、出来るようにするというのがとてもすごいと思いました

[ ]

nanryio201609092030.JPG夢をあきらめなければ何でも出来るということを改めて思いました。島袋さんはいろいろな困難があっても、言いわけや何なにだから出来ないという事をいうのではなく、出来るようにいろいろな方法などを考え、出来ない事ではなく、出来ることを探し、出来るようにするというのがとてもすごいと思いました。

私だったら言いわけなどをして出来ない事ばかりをさがしてしまうと思います。これからは何事もあきらめないでいようとおもいました。今日は本当にありがとうございました。
常滑市立南稜中学校1年生
ご感想やメッセージを、コメントやトラックバックでお気軽にお寄せください。

プロフィール

講演依頼を希望される方へ